ブログトップ

タクシー運転手を極める!

u82jdev2.exblog.jp

25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為−埼玉県警(時事通信)

 女子大生にわいせつな行為をしたとして神奈川県警に逮捕された埼玉県警蕨署地域課の巡査(25)について、同県警は15日、懲戒免職処分とした。また、監督責任を問い同署署長を本部長注意、同署地域課長を所属長注意とした。
 埼玉県警監察官室によると、巡査は昨年12月10日、横浜市青葉区の路上で女子大生(21)の腹を殴り、ほおにキスをするなどしたとして、強制わいせつ容疑で逮捕。同24日に示談が成立し、翌25日に不起訴処分となった。
 巡査は「きれいな人だったので声を掛けたが、避けるそぶりをされたので無理やりでもキスしたいと思った」と話しているという。 

【関連ニュース】
運転しながら陰部露出=陸自隊員、公然わいせつ容疑
「路上簡易買春」を摘発=大学生逮捕、警戒強化へ
京都市消防局職員を逮捕=公然わいせつ容疑
中学教諭を再逮捕=わいせつ画像、被害約100人か
わいせつ行為、刑務官を再逮捕=男性受刑者に再三強要

都議会参考人招致 築地移転で賛否(産経新聞)
八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
オウム新実被告の死刑確定へ=サリンなど11事件−最高裁(時事通信)
ブルジュ・ハリファ 124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
[PR]
# by az71hm99hn | 2010-01-21 17:36

<日医会長選>分裂 民主派が出馬表明 現職と一騎打ちへ(毎日新聞)

 日本医師会(日医、唐沢祥人会長)が、4月の会長選挙(任期2年)を巡って分裂する様相となってきた。3選を目指す現職の唐沢氏に対し、昨年の衆院選で民主党候補を支援した茨城県医師会長の原中勝征氏が立候補を表明し、事実上の一騎打ちとなる雲行きだからだ。日医会長がトップを兼ねる日医の政治団体「日本医師連盟」(日医連)は、既に夏の参院選比例代表に組織内候補で自民党現職の西島英利参院議員を推薦する方針を決めているが、会長選の結果は参院選の構図に大きく影響する。

 「私自身は(西島氏は)下りるべきだと思う。当選するだけの票が出るはずがない。私が会長になれば、最初に日医連に(推薦撤回を)提案する」

 20日、東京都内のホテルで会長選の公約を記者会見で発表した原中氏は、当選すれば西島氏の推薦を取り消す考えを表明した。会見には、埼玉、山梨両県医師会長が同席した。

 原中氏は、後期高齢者医療制度の撤廃を求めて民主党と手を組み、いち早く茨城県内の全小選挙区で民主党候補を推薦し、政権交代の流れを後押しした。原中氏は会見で、鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長と直接話せる、と民主党とのパイプを強調し、「日医が言うことは一切政府に届いていない」と今の唐沢執行部を批判した。

 長年自民党を支持してきた日医だが、04年に会長となった大阪府医師会出身の植松治雄氏は自民党に「是々非々」で臨んだ。これに対し唐沢氏は06年、自民党との関係修復を訴え、植松氏の再選を阻んで会長に就任した。

 このため、唐沢執行部は民主党との関係作りに苦労している。診療報酬を議論する中央社会保険医療協議会(中医協)では、任期切れを迎えた日医執行部の委員3人が外されたほか、診療報酬の配分でも揺さぶりを受け続けている。

 苦境を打開するため、日医連は昨年10月、自民党支持方針を白紙撤回するところまではこぎ着けた。関係者によると、1月19日の会合で唐沢氏は「自民党以外でも素晴らしい候補がいれば個々に推薦を機関決定したい」と各都道府県の代表に伝えた。

 しかし一方で、西島氏の支援も引き続き求めたという。西島氏の推薦を巡っては、昨年末の会合でも賛否両論出たが、最後に唐沢氏が理解を求め、その場を乗り切っていた。

 07年参院選の比例代表では、日医連が推薦する自民党現職、武見敬三氏を落選させた。組織力の低下がささやかれる中、政権与党との間合いをつかめないまま参院選に臨むことへの危機感は日医内にも根強くある。

 当面の焦点は2月の大阪府医師会長選だ。日医会長選は、各都道府県医師会から会員数に応じて選出される代議員の投票で決まる。植松氏の流れをくむ候補が当選すれば、反「唐沢」の流れが強まり、原中氏支持に結びつく可能性もある。【佐藤丈一】

【関連ニュース】
小沢幹事長:世界の注目指導者3位に 鳩山首相はランク外
参院代表質問:戦って発言、検察への影響ない 鳩山首相
土地購入事件:小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える
自民・谷垣総裁:民主の対策チーム「小沢紅衛兵」と批判
消費税:鳩山首相「4年間は行わず」 歳出の見直しに努力

陸山会、石川氏事務所、鹿島…特捜部係官が次々と 土地疑惑で捜索(産経新聞)
<箕面のサル>メロンパンの攻防は続く(毎日新聞)
子ども手当負担「事前に話ない」知事会長が批判(読売新聞)
定年制に異論相次ぐ=自民(時事通信)
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ(産経新聞)
[PR]
# by az71hm99hn | 2010-01-20 23:58

<元長崎市長>本島等さん、野中元議員と反戦対談(毎日新聞)

 長崎市長だった本島等さん(87)が、市長時代に同市役所前で右翼団体幹部に銃撃された事件から18日で20年を迎えた。この日同市内であった集会で、本島さんと野中広務元衆院議員(84)が反戦をテーマに対談した。本島さんは「反戦を世界に向けて言う前に、自分たちに向けてまず言うべきだ」と語った。

 集会は、長崎市役所従業員組合が主催し市民ら約400人が参加。本島さんは「戦争を起こしたのは日本人で、その結果が原爆。(戦争被害に遭ったすべての国や人に)心からの謝罪をしないと今後の日本の生きる道はない」と述べた。

 野中さんは「本島さんや、次の(伊藤一長)市長も(暴力の)犠牲になった。戦争に手を出すような日本を作らないために、もう一度、(近代の)日本の歴史を尋ねてほしい」と述べた。

【関連ニュース】
被爆者健康手帳:原告側の敗訴確定
20年五輪:長崎市、広島市との共催断念
二重被爆者:山口さん、死の直前キャメロン監督らにバトン
長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
山口彊さん死去:二重被爆者93歳 非核・平和訴え

NTT西に業務改善命令へ=顧客情報漏えい問題で−総務省(時事通信)
カーナビなど盗み、車で店員引きずり逃走(読売新聞)
青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)
<鳥取不審死>同居の男「現場から離れた」 弁護人に話す(毎日新聞)
<強盗>名古屋の吉野家 食事の後に3万円奪い逃走(毎日新聞)
[PR]
# by az71hm99hn | 2010-01-19 14:43