ブログトップ

タクシー運転手を極める!

u82jdev2.exblog.jp

アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)

 北海道旭川市の旭山動物園で、オホーツク海の流氷とアザラシの生態を再現する「アザラシの流氷広場」が完成した。

 人気施設「あざらし館」の屋外プールに雪を投入するなどして水温を下げ、結氷させたもので、毎年来園客の人気を博している。

 水面の広さは約160平方メートル。流氷に見立てた氷の厚さは最大約2メートルもある。

 ゴマフアザラシが氷の合間からひょっこり顔を出したり、流氷の下を勢い良く泳いだりする様子が、来園客の目を楽しませていた。

民主党と読売新聞 誤報か否かで「戦闘」状態(J-CASTニュース)
天皇陛下がお言葉=通常国会開会式(時事通信)
6月上旬の日米首脳会談検討=普天間合意の場合(時事通信)
東京・江戸川の郵便局強盗 容疑の男逮捕(産経新聞)
<大阪出資法違反>女相場師に懲役3年求刑 2月15日判決(毎日新聞)
[PR]
# by az71hm99hn | 2010-01-26 19:49

普天間、固定化の可能性も=のし掛かる先送りのつけ−名護市長選(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題は、24日の名護市長選で基地受け入れ反対派の新人候補が勝利したことにより、同市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設する現行計画の実現は極めて困難な状況となった。鳩山政権は5月までに新たな候補地の選定を目指すが、米国は辺野古案を「唯一実現可能」と主張。1996年に日米が合意した普天間返還は白紙に戻り、現状が固定化される可能性も指摘される。
 沖縄県民の思い、日米合意の重み、連立の維持…。鳩山由紀夫首相は普天間をめぐるジレンマから抜け切れず、決着を名護市長選後に先送りした。首相は普天間移設に関し「国が責任を持たなければならない話だ」と語るが、結果的には安全保障政策の根幹である基地問題について、名護市民に選択を強いる形となった。
 受け入れの賛否を問うた97年の市民投票に始まり、98年から今回を含め4度の市長選。市民は普天間問題で翻弄(ほんろう)され続け、地元の政府不信は深まった。反対派の勝利により、「県外移設」を求める沖縄の声は一段と高まりそうだ。民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」をめぐる事件で政権に逆風が吹く中、基地問題で存在感を訴えたい社民党が「グアム移設」の主張を強めることも考えられる。
 ただ、政府が現行計画に代わる候補地を決定しても、米側が交渉に応じて合意する見通しはない。普天間が動かなければ、基地に隣接する市街地の危険性は続き、在沖縄海兵隊8000人のグアム移転も白紙化される可能性がある。95年の米兵による少女暴行事件を機に、沖縄の基地負担軽減や日米安保への信頼回復のために両国が続けてきた努力は振り出しに戻りかねない。決断先送りのつけは鳩山政権に重くのし掛かっている。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

大阪府の法人2税が1300億円減り2000億円に 昭和50年並みに (産経新聞)
ハイチ大地震 交錯する怒りと嘆き、進まぬ支援(産経新聞)
「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年−東京(時事通信)
自民・青木氏が出馬表明「お年寄りにも勇気」(読売新聞)
石川議員の辞職求めず=鳩山首相(時事通信)
[PR]
# by az71hm99hn | 2010-01-25 20:56

機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)

 麻生内閣の官房長官だった河村建夫衆院議員(67)(自民)が昨年8月の衆院選の2日後、2億5000万円の官房機密費の支出を受けた問題で、大阪市の市民団体「公金の違法な使用をただす会」(小林君夫代表)は18日、河村氏について背任容疑などで東京地検に告発状を提出した。

 告発状によると、河村氏は昨年9月1日、官房機密費として通常の月の2・5倍に当たる2億5000万円の支出を受け、目的外の用途に使用し、国に損害を与えたとしている。

水俣病訴訟 熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に(毎日新聞)
「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同(産経新聞)
街頭犯罪、全国最多の大阪久々10万件下回る(読売新聞)
<遺伝カウンセラー>雇用拡大目指し NPOが今春発足(毎日新聞)
名護市長選が告示…現職、新人の2氏届け出(読売新聞)
[PR]
# by az71hm99hn | 2010-01-24 10:23

外相が米国務長官らに書簡=「核廃絶に反する政策求めぬ」(時事通信)

 岡田克也外相は22日夜の記者会見で、米国が進めている核戦略体制見直し(NPR)に対する日本の立場を説明した書簡を昨年12月にクリントン国務長官とゲーツ国防長官に送ったことを明らかにした。書簡は、米国の核抑止力について「信頼性は十分な能力によって裏付けられる必要がある」と指摘すると同時に、「『核兵器のない世界』という目標と相反する政策を求めるものではない」と強調している。
 NPRをめぐっては、麻生政権当時に日本側が、抑止力維持の観点から核巡航ミサイル「トマホーク」の退役に反対したなどとする指摘がある。外相は、これを打ち消すために書簡を送付したと説明、「わたしなりに精査し、(反対は)なかったと理解した」と述べた。 

【関連ニュース】
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜北朝鮮が韓国侵攻訓練〜
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

新酒まろやか「ハネ木搾り」 福岡・糸島酒造(産経新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)
<訃報>佐古一さん94歳=元大成建設社長(毎日新聞)
名護市長選、「政党隠し」に腐心の両陣営 それぞれにお家事情(産経新聞)
小沢氏 聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)
[PR]
# by az71hm99hn | 2010-01-23 10:01

小沢氏、検察と断固闘う=続投を正式表明−民主党大会(時事通信)

 民主党は16日午後、東京・日比谷公園の日比谷公会堂で党大会を開いた。小沢一郎幹事長はあいさつで、自らの資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関し、幹事長を続投する意向を正式に表明した上で、「大会に合わせたかのように(元秘書の)逮捕が行われ、とうてい容認できない。断固として(捜査当局と)闘っていく決意だ」と強調した。
 小沢氏は「鳩山由紀夫首相の気持ちを自らの支えとし、今後とも与えられた職責を全力で果たしていく」と表明。土地購入資金については「何ら不正なお金を充てているわけではない」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<ハイチ大地震>自衛隊派遣準備を指示 防衛相(毎日新聞)
阪神大震災 6434人の鎮魂祈り式典(産経新聞)
<部分日食>日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
酸素吸引中に喫煙し火災…6年で26人死亡、厚労省が注意喚起(産経新聞)
病院再診料、診療所並みに引き上げを―民主議連が報酬配分で要望(医療介護CBニュース)
[PR]
# by az71hm99hn | 2010-01-22 14:52