ブログトップ

タクシー運転手を極める!

u82jdev2.exblog.jp

外相が米国務長官らに書簡=「核廃絶に反する政策求めぬ」(時事通信)

 岡田克也外相は22日夜の記者会見で、米国が進めている核戦略体制見直し(NPR)に対する日本の立場を説明した書簡を昨年12月にクリントン国務長官とゲーツ国防長官に送ったことを明らかにした。書簡は、米国の核抑止力について「信頼性は十分な能力によって裏付けられる必要がある」と指摘すると同時に、「『核兵器のない世界』という目標と相反する政策を求めるものではない」と強調している。
 NPRをめぐっては、麻生政権当時に日本側が、抑止力維持の観点から核巡航ミサイル「トマホーク」の退役に反対したなどとする指摘がある。外相は、これを打ち消すために書簡を送付したと説明、「わたしなりに精査し、(反対は)なかったと理解した」と述べた。 

【関連ニュース】
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜
【特集】緊迫!朝鮮半島〜北朝鮮が韓国侵攻訓練〜
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

新酒まろやか「ハネ木搾り」 福岡・糸島酒造(産経新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)
<訃報>佐古一さん94歳=元大成建設社長(毎日新聞)
名護市長選、「政党隠し」に腐心の両陣営 それぞれにお家事情(産経新聞)
小沢氏 聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)
[PR]
by az71hm99hn | 2010-01-23 10:01
<< 機密費2・5億支出、河村元官房... 小沢氏、検察と断固闘う=続投を... >>